靴磨きのやり方【初心者の方必見!足元をさらにお洒落にしませんか?】

こんにちは、わん太郎です。

今回は、僕がやっている靴磨きのやり方について書いていきます。

これから靴磨きを始めたい人に向けての記事となります。

何をしたら良いのか?どんな道具が必要なのか?をわかりやすく解説していきますので是非読んでみてください。

 

目次

 

 

準備するもの

初めに、今回の靴磨きで使用するグッズを紹介します。

靴磨きグッズ

  1. 馬毛ブラシ
  2. 豚毛ブラシ
  3. ペネトレイトブラシ
  4. リムーバ
  5. 靴底用栄養クリーム
  6. 栄養クリーム(デリケートクリーム)
  7. 油性クリーム
  8. クロス

靴磨きに使うグッズは上記の8点です。

また、靴底がレザーソールの方向けに⑤に靴底用のクリームも入れています。

それでは、次の項目から手順の説明をしていきます。

 

①シューツリーを入れる

シューツリー写真

まず初めの作業としまして、シューツリーを入れる作業になります。

正直、靴の形崩れを防いでくれるので履かない時は常に入れておきたいアイテムです。

シューツリー入れ方

入れ方としては上の図のようにグッと押し込むイメージです。

シューツリー入れ完了後の写真

これで、靴磨きのための準備完了です。

ちなみに写真では見栄えのために靴紐を結んでいますが外してくださいね!

革靴を1足買う毎に1個シューツリーは買っておくと良いと思います。

 

②馬毛ブラシでゴミやホコリを払う

馬毛ブラシと革靴

次は、馬毛ブラシでブラッシングします。

馬毛ブラシで磨く写真

こちらでも紐を外していませんが全部外してゴシゴシやってくださいね。

 

「わん太郎」ポイント

細かいところまでホコリを払っておくことを意識しましょう。

※ちなみに、毎回帰ってきたらブラッシングだけでもしてあげるとホコリが落とせるので、革の油分を吸い取ってしまうことを防止できます。

僕は、基本にして一番大事なな作業だと思ってます。

 

③クリーナーで汚れや古いクリームを落とす

リムーバーで汚れ落とし写真

次は、クリーナーを使って革の汚れや、古いクリームを落としてあげます

イメージとしては、化粧を落とすクレンジングオイルのような使用感です。

ここでしっかり、革の表面の不要なものを落としてあげることで栄養が染み込みやすくなりますので念入りにやっていきます。

指にクロスを巻いて、クリーナーを3滴くらいつけて拭き取っていきます。

あまり強くゴシゴシせず、スーッと汚れを拭いとっていくくらいでちょうどいです。

 

 

④乳化生クリーム(デリケートクリーム)を塗る

デリケートクリーム塗り込む

次の作業は乳化生クリーム(デリケートクリーム)で革に栄養を与えていきます。

コツとしては、部位別に塗っていくのが良いのかなと思います。

画像の量なら半分以上塗れるので量の目安にしてみてください。

 

靴 クリーム ソフトレザー M.MOWBRAY モゥブレィ モーブレイ デリケートクリーム レザー クリーム デリケートレザー クリーム 革 革靴 手入れ シューケア (a7s)

 

⑤豚毛ブラシで馴染ませる

豚毛ブラシで磨く写真

次は、豚毛ブラシで馴染ませます。

これをすると、細かいところまで行き渡らせられるので、やって欲しい作業です。

 

⑥油性クリームを塗る

油性クリーム塗る直前の写真

次は、油性クリームを塗る作業です。

僕は手で塗りますが、人によってはペネトレイトブラシでやる方もいますのでそこは好みで使い分けてみてください。

油性クリーム塗ってる写真

量は、ほんとに少しで十分なので最初は少なすぎるくらいで塗っていくといいと思います。

 

僕が使っているのは黒色のクリームで、こちらであれば補色と光沢の2つが付与されるので非常に便利です。

油性クリームは、革靴の色毎に集めておくと便利です。

※わん太郎は現在、黒の靴しか集めていないため実は黒しか持っていないです(笑)

 

 

 

⑦豚毛ブラシで馴染ませる

豚毛ブラシ2

次は、豚毛ブラシでブラッシングです。

コツとしては、今までと違って思いっきりゴシゴシするのがポイントです。

 

先にお伝えしときますと、僕はこの作業で終了することが多いです。

理由は、なぜか僕のやり方だと豚毛ブラシで磨いた後が一番綺麗からです。

 

⑧グローブで磨いて艶を出す

グローブ1

次は、グローブで磨いて艶を出す作業です。

 

グロブ磨く写真

僕は、グラスを磨く感覚でやっています。

グローブで磨くことで艶をさらに出せるので、是非最後の仕上げとしてやってみてください。

 

 

⑨番外編「靴底を磨く」

こちらは、番外編でして別の記事で詳しく書きます。

https://wantaro-kimamani.com/reathersole-bottom/

追加で用意するものは、レザーソール用のクリームだけなので、長持ちさせるためにもメンテナンスしていきましょう!

【ポイント3倍】(エム・モゥブレィ) 革底(レザーソール) ケア専用クリーム ソールモイスチャライザー ニュートラル 135ml

 

 

まとめ

今回は、靴磨きのやり方を解説しました。

紹介しましたグッズを揃えて手順通りにやっていくことで足元をよりお洒落にできると思いますので、是非取り入れてみてください。

ピカピカになった革靴を見るのは、それだけでもテンション上がりますし履く時の気分もすごく良くなります。

意外と足元は見られているので印象も変わるかもしれません。

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください